株初心者のための株取引入門サイト。主婦や学生まで儲けることができる株取引についてを初心者にむけて分かりやすく教えていきます!

チャートの見方 初心者でもわかるローソク足の見方

Point.1
チャートの見方 初心者でもわかるローソク足の見方
テクニカル分析で使われるグラフ(チャート)の基本に「ローソク足」というものがあります。
株式投資の二大分析の一つであるテクニカル分析は、
皆さんがこれから実際に投資を行う上で欠かせないのです。
その基礎中の基礎である「ローソク足」は当然、マスターしなければならないものです。
この機会に是非自分のものにしてください!
さて、このローソク足を作成するには4つの値段が必要となってきます。
それが、
①始値   ②終値   ③高値   ④安値
のことです。
1日の動きで考えた場合、始値というのは「その日の取引の中で最初についた値段」のことで、
寄付(よりつき)とも呼ばれる値段のことです。
終値というのは、「その日の最後成立した値段」のことで、引値とも呼ばれる値段のことです。
高値と安値についてはなんとなく想像できますよね。
そうです!「その日一番の高い値段、その日一番安い値段」のことです。
これらのことをふまえた上で作成される二種類のチャートがあります。
それが下の 「陽線」「陰線」 です。
始値よりも終値の方が高い場合を「陽線」と言って白抜きにします。
逆に始値よりも終値の方が低い場合を「陰線」と言って黒で塗りつぶします。
最後に高値と安値をボックスから値段の位置まで線を伸ばします。
チャートの見方
  1日目 2日目
始値 500円 515円
終値 510円 505円
高値 515円 520円
安値 495円 505円
チャートの見方
上がローソク足の例です。
表の値段とローソクをしっかりと見て、基本的なローソク足の読み方をマスターしちゃいましょう!!
マネックス証券には、"Money"の一歩先をいく、先進的なサービスがあります。
あなたの投資生活を、もっと豊かに。
SBI証券は、みなさまに選ばれてネット証券No.1
オリコン 顧客満足度ランキング ネット証券会社部門 6年連続 総合第1位
「損をしないこと」を重要視することが 「儲かること」につながるという
「お客様に一番便利な証券会社」を目指しています。
ページトップへ
口座開設ランキング1位マネックス証券