株初心者のための株取引入門サイト。主婦や学生まで儲けることができる株取引についてを初心者にむけて分かりやすく教えていきます!

安心・安全な株式投資方法

Point.1
安心・安全な株式投資方法
ハナから言ってしまおう。
そんな株式投資法はこの世に存在しないのだ(`・ω・´メ)!
とある年の8月、世界中をビビらせる出来事があった。通称サブプライムショックである。
ことの発端はアメリカのサブプライムローンである。
信用力の低い個人向けの住宅ローンで、
アメリカで起きた住宅ブーム時に多くの人がローンを組んだのだが、
金利の高さなどから返済できない人が続出しているのだ。
そのあおりを受ける形でイギリスの銀行で取り付け騒ぎが起きてしまう。
今度はそれを受け、欧米通貨が信用を失い逆に日本円が買われ(欧米通貨の価値がボロクソにさがってしまった)、東京株式市場は874円の大暴落という緊急事態となった。
このサブプライムショックは日本の多くの個人投資家を襲うことになった。
個人投資家の神、ジェイコム男ことB.N.Fさん(ジェイコム株大量誤発注事件により20億円儲け、今では180億円の資産を運用している。)でさえ、青ざめさせてしまうほどだったそうだ。
またこのときFXでイギリス$を買っていた日本人の多くがとんでもない損害を受けることになる。
(イギリス$は変動が激しく当たれば利がデカいので有名。)
ちなみに管理人はビビりぃだからイギリス$は買わない(;^ω^)。
ある主婦は一瞬にして1000万の金を失った。
このサブプライムショックにより日本の投資家が失った損失額はおよそ3000億円~4000億円だそうだ
...エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?
多くの投資家が予測不能な出来事がこのように起きてしまうのが現実なのだ。
冒頭で安心・安全な株式投資はないと断言したが、サブプライムショックから見てもこれは明らかだろう。
しかし一つだけ安心して安全に株式投資を行える方法がある。
それは、30%投資法だ。
これは管理人が勝手に銘打った投資法なのだが、話はとても単純だ。
自分の総資産の30%の中で投資は行え!!ってことだ。
アメリカでは投資に向けられるお金の目安として「100-自分の年齢=答え%」といわれているそうだ。
例えばあなたが20歳なら100-20で総資産の80%を投資に使っていいそうだ。
これは年齢が若いと総資産も大したことないので、あんまり弱気なこと言ってると投資ができない、
なにより若ければたとえ株式投資で失敗したとしてもやり直せるという考えがもとだろう。
しかしどうだろうか?
20代、資産の80%って...(゚~゚)。
30代になると多くの人は結婚する。
40代子供にお金が掛かる時期、50代定年後の貯蓄のためある程度セーブした生活を強いられる
ってな状況の日本で、この理論はどうもぱっとしない。
それにそんなに金をつぎ込んだら、それが心配で夜も眠れない、
勉強も仕事も手に付かないってことになってしまって、まさに本末転倒だ。
仮に24時間態勢でパソコンの前にへばりついていられたとしても、
そんな寝不足の中では的確な判断ができず、かえって損してしまう可能性が高い。
これを余裕をもって30%で抑えれば、かなり気持ちに余裕が持てるし、失敗しても何とかやり直せる。
なんで30%にしたかって?50%の損失はやはりでかすぎるし、40%だと50%と変わらない。
30%なら失うとデカイからマジにもなれるというメリットを持ちつつ、
本気でヤバいところは回避できるという丁度いい数値なのだ。
管理人はこの理論でサブプライムショックをウマいこと乗り越えられている。
ぜひとも皆さんにも参考にして欲しいです!!
学生の人はまずバイトして金をためることからはじめてください。
(先ほど例に出したジェイコム男ことB.N.Fさんも大学時代160万バイトで貯めたそうです。)
金をためている期間中に勉強して、自分にあう投資法・証券会社を探して欲しい。
(おすすめの証券会社はリストアップしてあるので、
そこから無料で資料請求すると証券会社の特色などがはっきりつかめるぞ!)
またどうしても少しの元手で投資したい人はFXをおすすめします。
少額でFX投資をすることで、投資とはなんぞやってものを実戦から学ぶのも一つの手だろう。
いずれにしても投資をする場合、ちゃんと自分で自分のためのセーフティーネットをはる、
つまりリスクヘッジをきちんと行うってことを考えてください。
投資は楽しむものです。
危険な領域まで自分を追い込まず、計画的に資産運用をしましょう。
※ジェイコム大量株御発注事件
2005年12月8日、
新規上場したジェイコムの株式において、みずほ証券が誤注文し、株式市場を混乱させた事件。
2005年12月8日の午前9時27分、この日東証マザーズ市場に新規上場された
総合人材サービス会社ジェイコム(証券コード:2462)の株式(発行済み株式数14,500株)において、
みずほ証券の男性担当者が「61万円1株売り」とすべき注文を「1円61万株売り」と
誤ってコンピュータに入力したため、結果とんでもない大大バーゲンセールとなり、
巨額の利益を得た個人トレーダーがいた。B.N.Fさんもその1人だそうだ。
マネックス証券には、"Money"の一歩先をいく、先進的なサービスがあります。
あなたの投資生活を、もっと豊かに。
SBI証券は、みなさまに選ばれてネット証券No.1
オリコン 顧客満足度ランキング ネット証券会社部門 6年連続 総合第1位
「損をしないこと」を重要視することが 「儲かること」につながるという
「お客様に一番便利な証券会社」を目指しています。
ページトップへ
口座開設ランキング1位マネックス証券